Blog

ゴスペル

1日の公私の稼働が多すぎてアウトプットしてる暇というか、余力がない。
そろそろ整理しないと、頭の中が煩雑になってクリアな思考で制作が出来ないのでチラホラ落とし込み。

■ゴスペル見学
先週の水曜、ゴスペルの見学に近所の教会に行きました。
「歌が楽しいと思える場所に行こう!第2弾」です。

これも訳あって、歌うことが辛い、そして怖いと思うようになってしまった自分への荒療治(笑)
無理にでも外の世界に自分を放り投げて、沢山の人に出会うのです。
そして色んな歌の形に触れられたらいいな、と思って行きました。

教会に自主的に赴くのはこれが初めてです。
無信仰というか、どちらかと言うと生まれた土地柄的に、日本の神様の方が親しみが湧くわたくしですが(毎年祖母の家でイタコさんが氏神様を呼んで占って貰っていました)、易々と教会に足を踏み入れていいものかと恐る恐る突入。

既に練習中で、礼拝堂の中から歌声が…。

…(。_。

…レベル高ぇっっっ!!!

やー、これは凄い。
先生も結構細かいニュアンスをひとつひとつ指導されていて、何より先生含め、ネイティブ英語な人が多い。

元々音域も低い方なので、アルトに加えられて歌詞も色々貰いましたが、賛美歌一切わからんかったです(←この時点でクリスチャンだと思われている)。
でも覚えやすく繰り返す歌が多いので、どれも一周しただけで覚えられた。

とりあえず、みんな楽しそうに歌ってるし、気持ちいいほど声が抜け出てるし、アップテンポな曲が多かったので、知らない曲でも凄く楽しかったです。

黙々とボイトレに通うのもいいですが、これだけレベル高い所に入り交じっていたら、良い刺激にもなるし、自分の目指すゴールの精度も上がるし、通い続けてみようかなと思いました。

今まで、どう頑張っても自分の歌に違和感があって、何かが違うと思い、スッキリしないまま歌い続けていましたが、ゴスペルを歌う人達を間近にして、「これだーーー!!!」と、やっと答えが見つかった気がします。

もっと早く知っていればと思うところもありますが、今だから導いて貰えたんだと思います。
最近、何気なく105円で買った古本(主に自己啓発書)が、読んでみたら凄く今の自分に必要なものだったりと、強い流れに導かれています。多謝。

ひとつ引っかかるのは、ゴスペルの後半で無茶苦茶肩が重たくなったことですが…。
その一週間前に神田明神に泣き寝入りした身なので、教会の何かに快く思われていないのかと(笑

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Top