Blog

100709 phantom

私はあいつらの監視下にある。
私は過去の監視下にある。
 
それが気がかりで私は自分の言葉で表現できないし、
自分のスタイルも保てない。
そりゃあ、進気力も、理想を自分に許す気にもなれないね。
 
さて、どうしようか。
いや、どうしたい?
 
もっと先へ行きたいのだろう。
なら行こうじゃないか。
 
 
●111205
私は、自分で生み出した幻の監視下にあった。
それだけだということに、気づくのに何十年とかかった。
過去もトラウマもクリアした今、闇は私の気を引くこともできない。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Top