Blog

revived

変化していこう、どこまでも。
この形を捨てて、私という価値と意味と不自由さを手放して。

あの水のように澄んでしまうまで。
あの空のように果てがなくなるまで。
あの森のように静まるまで。
あの月のように、誰も届かなくなるくらい。
あの鳥のように身軽に、

高く、高く、高く、高く、遠く。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Top