Rota

あてのない旅路
幾度 彷徨い歩く?
願いの果てを風に託した

巡り来る刻を知らず 溺れる日々に
翳りゆくこの瞳を そっと閉ざした

言葉に出来ない心の奥、光が
絶望に満ちた道を 何度も照らす

伸ばした腕が 世界に傷付いても
今 まだ鮮やかに 遠く呼ぶ声
 
 
悲しみに満ちた過去を越える明日が
群青色に星を散りばむ

そっと手を包む 温かなその笑顔
馳せゆく想いの答えを辿る

強く胸を叩く 黄昏の残像
一筋の螺旋を 何度も映す

潰えぬ祈り いつまでも揺らめく
まだ涙の先に 広く夢見る

脆さも共に行く強さ抱いて
 
 
見開くまぶたに導かれ
まだこの痛みに 終わりはない

伸ばした腕が 世界に傷付いても
まだ色褪せずに 遠く呼ぶ声

Top